テーマ:公演情報

次回公演決定!!

「ケロンパスの言い訳」終わりましたね。 いやー。素直に楽しかったです。 反省しなきゃいけない所は沢山あるんだけど、それは、まだまだ、良くなるって事だったりする訳で・・・・。 なんでもプラス思考で行かなきゃね。 そんな訳で、次回公演決まりました。 次回も同じく下北沢。 9-States/5/STAGE 『崩れ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「ケロンパスの言い訳」終了。

千秋楽、溢れんばかりの、お客さんが見に来てくれた中、公演が無事に終了いたしました。 劇場に足を運んでくれた皆様、共に作品を作りあった皆様、本当にありがとうございました。 また、こんな素晴しい仲間と共に作品作りを出来たら素晴しいと思います。 本当にお疲れ様でした。 次回公演、まったく考えていません。 しかしながら、この公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は楽日。

桜舞う。 いよいよ、楽日がやってきてしまいます。 始まりがあれば、いつか終わりがやってくるように、今回の公演も、もう終わってしまうのです・・・。 今回の公演、色々と挑戦しました。 前回の作品「さかさまの靴80s」でピエロの話は、ひとまず終了。 今回からはちょっと違った描き方を始めました。 世界観は変わらないんだけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち着いてきたかな・・・・。

舞台は生もの。 そんな事は分かっていはいるのだが、今回は時間的にブレが大きい公演になっているようだ。 稽古では、そんなに、ぶれる事はなかったのだが、やはり本番には魔物が住むのだろう。 それでも、ようやく舞台に住む魔物と共存する方法が分かってきた役者さんが多くなって来たように思える。 そんな、メンバーを見ていると適応力、早っ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本番二日目。

本番始まって2日目のお昼がやってきました。 今日は19時の公演だけです。 役者の皆さんも15時、小屋入りとゆっくりお休みしているみたいです。 皆さんは、こんな、ゆっくりしたいい天気の日にはどんなお弁当を食べますか? オイラは劇場早く来すぎて、松屋のお弁当を一人美味しく食べている所です・・・・。 花見したいですねー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日終了。

初日が終わりました。 映像が失敗してしまいました、ご来場いただいたお客様、申し訳ありません。 初日だから許して貰おうなんて気はサラサラありませんが、オイラはそんな事を含めて舞台なんだなー、やっぱり生なんだなーと思いました。 本当に申し訳ありませんでした。 しかしながら、怪我もなく無事に初日を迎えられた事は素直に嬉しかったりす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日から本番。

いやいや。 今日で、場当たり終了。 後は、怪我人が出ずに無事に、そして、ミスをなるべくしないように見守る。 そう、あんなに忙しかった時間が少し寂しくなってしまう。 そうだ、オイラの稽古やらないと・・・・。 明日は初日。 最後の踏ん張りどころ。 よーし、徹夜をするのも、今日、明日、までだろう。 いい作品にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告知。

第4回本公演「ケロンパスの言い訳」の本番まで20日弱となりました。 ココで一度告知させてくださいな。 ケロンパスの言い訳 作・演出/中村太陽 2007年3月28日(水)~4月1日(日) at 下北沢 OFF・OFFシアター ◎CAST◎ 山田青史 市岡拓 芳川痺 古池首領 斎藤真吾 濱田龍司 内…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スパルタ教育。

今回の映像は彼が担当してます。 そう、皆さん、ご存知、芳川痺。 しかしながら、彼、みんなを走らせる、走らせる。 長老、古池首領は途中で、肉離れになっちゃうし。 本当、日頃から、適度な運動が必要な事を実感した一日だった。 しかしながら、楽しかったですね。 久々、思いっきり騒ぎました。 遠くにはディズニーランドが見えるし。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜。

帰り道に電車が走りすぎていく。 ヒラヒラと桜が舞っていたら綺麗だろうな。 まだ、咲いてない、桜の木を見ながら なんとなく、そう思った。 そして、限りなく重いチラシがオイラを苦しめる。 前回から始まり、チラシ輸送はオイラの仕事・・・・・・・。 しかしながら、多くないですか?オイラ潰れちゃいますよ。 チラシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆・・・。

「今回は盆は使う?」 そう言って美術の話は始まった。 時間がない時にも余裕は必要なのだ。 今回のセットはありえない様で、ありえそうな感じ。 を出していけたらなー、なんて事を話していたら、いつの間にかに3時間が過ぎていた。 まずい、具体的な案をだしていない。 それから、本格的に話し合い。 ようやく、形にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推薦文/その3・・・の巻き。

古沢 真 (観客)  Nine-Statesの前作「さかさまの靴80s」は、くだらない世の中に背を向けて生きている男のお話。 主人公の心の葛藤と俗世間との二重構造が巧に描かれた,心に残る作品だった。 終演後に食べた魚肉ソーセージも,いつもより少しおいしく感じた。  今回も,観終わって,自分が少しだけでも変った気になれるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推薦文/その2・・・の巻き

はえぎわ/ノゾエ征爾 太陽くんとは、何度か数分の挨拶を交わしたくらいの仲でしかありませんが、ナインステ イツにはうちのメンバーもよくお世話になってまして、2回観させていただきました。 「太陽」という名前と、彼の朗らかなナリからはかなりかけ離れた印象でした。 ただただ、名前からかけ離れてるなあという面白ショッキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推薦文/その1・・・の巻き。

次回公演に向けてチラシ。 こんな人達から、こんな推薦文を頂きました。 まずはこの人の推薦文です。 Oi-SCALE/林灰二 ソン・ガホに似ている中村は、頭の回転がなかなか早い。 でも勉強はしてこなかったから馬鹿ではある。 しかしサッカーを長年やってきたから負けず嫌いでもある。 昔、漢字が得意だ、と自負する中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケロンパス。

くだらないアイデア。 そんなモンを限りなく詰め込みたい。 考えて、考え込んで、やりたい事が見えてきた。 アホみたいに、ヘタクソな夢を描きたい 誰かが見たら笑っちゃうくらいの カラカラ空回りしてるような人々と 在りそうで在り得ない様な世界を。 色んなモノで縛られているような人々を沢山見て その中で縛られているオ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

面白いものを。

稽古が始まって数週間。 ほとんどエチュードばかりやっている。 稽古のやり方としては始めての試みなのだ。 最初の方はまったくと言っていいほど、何も生まれる感じではなかったし、意味がないようにも思えた。 しかしながら、回数を重ねていくうちに、徐々に形になってきたように思えてきた。 そう考えてみると、最初にやっていた、稽古も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稽古初日。

くだらない日々だとか。 退屈な日常だとか、思ってしまうのは。 きっと、頭でっかちに、なってしまったオイラのせいなんだろう。 思い込みが激しいオイラは 何もかも、分かったような気になり 面白いくらい、勘違いしてしまっていたりして 旨く、誰かの手の平の上で踊っている。 小さな傷をどれだけ溜め込んでみても。 大きな傷を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケロンパスの言い訳

忘れた「日々」と忘れられない「日常」を天秤にかけて今がある。 「崩れないバランス」と「キッカケ」は、いつも、僕の目の前にあった。 和傘作りで有名だった、この町も今では、寂れて行くばかり。 変わらない景色と、変わっていく若者の数を見て、キッカケさえ、あれば変わるのに・・・・。 そんなくだらない事を思いながら、今日も淡々と仕事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more